起亜SportageでEX 4WD

起亜の社長兼最高経営責任者(CEO)によると、ピーター・M・バターフィールド、起亜はBMWはメルセデスにあるものヒュンダイにあります。翻訳:ヒュンダイは、ラ・メルセデスà、より豪華な車を提供することに曲がっている間、BMWのように、起亜は、スポーティな車を構築に焦点を当てています。あなたが束にあなたのジョッキーを取得し、現代と起亜は実際には同じ会社であり、BMWとメルセデスは明確なライバルであるかについてbloviating始める前に、私たちは知っています。あなたは起亜や起亜オプティマによって販売されているものはどんな現代のように優雅であるよりも、ヒュンダイ・クーペはスポーティで考えている場合や、ええ、私たちも、それを知っています。バターフィールドは、製品ラインは、将来的にどのように見えるかをより多くを言及していたし、それが今日は見えませんか。現在、商品のそれでも、いくつか - あなたはここを参照してくださいつまり、SUV - バックアップ彼の主張。

高値応答乗り心地とハンドリング、高品質なインテリア、素晴らしい保証。安値不快な席、ぬるいエンジン、トランスミッション頑固。評決起亜はvehicleÂが-とちょうど約成功したスポーツユーティリティを提供します。

新しいSportageでは、運転するのも楽しいですクルマに信頼性の輸送を構築するから行くには起亜の計画でステップ2を表しています。ステップ1は、私たちのように記述Spectra5、ぴんと張っ調整された5ドアの導入最後の年でした "賢明なドライバのための驚くほどスポーティなハッチバック" [ C / D、 2004年9月]。まれに、我々は起亜にその口径の賞賛を重ねていません。信用の多くは、5のシャシーを開発し、製品の品質とエンジニアリングゴードン・ディッキー、のディレクターに行きます。ディッキーは、マツダ6と門徒MP3など活発な車のシャシー開発を主張することができます印象的な履歴書を数年前にマツダから来ていました。むち打ちと微調整KIASない場合は、ディッキーは最も最近の例では、ロータスエリーゼされ、彼が上に手を得ることができる最高の車をベンチマーク。彼は彼のガレージで1を見てみたいと思いますどうかを尋ねられ、ディッキーは言いました、 "それは素晴らしいハンドリングの車だが、私はまだかなり新しい911を持っていると思います。" 彼は、シャーシの男の私たちのようなものです。

最初のSportageでは、1995年にここに発売されたと10年近くショールームを飾りました。それも、名前が行くように、アメリカ人はしばしば起亜オーバー名前Sportageでの認識、ことを認め、2000年起亜中のピーク時62,000台を販売し、かわいい安価で、かつ人気がありました。しかし、Y2K後、売上高が大きく、より強力なから厳しい競争に起因して、急速にスライドさせ、そして、そのような後Sportageでのプラ​​グを引っ張るために起亜を促すホンダCR-V、ジープリバティ、フォードエスケープ、としてちょうど良く小型のSUV 2002モデル年。

起亜SportageでEX 4WDだから、起亜のために、Sportageでの再導入のタイミングは、それがディッキーと彼のクルーは、その現代の対応よりも著しくスポーティタング、ツーソンでSportageでを注入することができ主な理由は、その新たな楽しみからドライブへのマントラの宣言とうまく一致しました。 2台の車両間の違いは夜と昼のケースではありませんが - 彼らはプラットフォーム、パワートレイン、および最も寸法を共有する - 個性がたくさん残っています。どちらも、自分のダンパー、ブッシング、スプリングレートを持っている、と彼らは別々のチームでスタイリングされました。ツーソンはpudgier外観を持っているのに対し、Sportageでは、彫りの深い、トーンの外観を持っています。そして、彼らは最初の双子の一部を分離するためにそれらを作る、韓国の異なる組立工場で構築されています 誕生。

このテストのために、我々は$ 21990のために、2.7リッターの標準来た、最高級の四輪駆動EXバージョンを運転しました

V-6、4速オートマチック、およびボルグワーナー電子四輪駆動。後者は、後輪に利用可能なトルクの50%までのルートは、スロットル位置、前輪の角度、及び/又は前輪スリップがそれを要求するフルタイムユニットです。何の低域がありませんが - 車ベースのSportageでは、のために意図されていない検索と破壊のオフロードを使用する - システムが四輪駆動ボタンで50/50トルクスプリットのための所定の位置に固定することができますビーチや深い雪の中を重い足取りで楽勝、と言うの迅速な作業を行うこと、ダッシュで。ベース価格はまた、ABSを有する6個のエアバッグ、四輪ディスクブレーキ、トラクションコントロール、16インチアルミホイール、及びそのようなA / C、パワーサンルーフ、クルーズコントロール、革によって包まれたような内部の快適さと電子安定プログラムを含みますノブステアリングホイールをシフトし、カセットやCD、およびMP3ファイルを再生できる6スピーカーステレオ。基本的には、EXがロードされます。我々の検査官のオプションは$ 800レザーパッケージと一緒に$ 22865、またはV-6と同等装備エスケープXLT 4WD未満の約$ 4000の価格をぶつけ$ 75リア貨物トレイ、から構成されていました。 KIASはまだ契約しています。これを取得:4気筒エンジンと5速マニュアルトランスミッションとエントリーレベルのフロントドライブSportageでは$ 16490から始まる - 2002 Sportageでの価格よりも低いです。

私たちは、サンフランシスコで私たちのEXのテスト車両を拾い、数マイルはダウンタウンの波状舗装を横断した後、私たちは、バターフィールドの主張とディッキーのスポーツチューニングが早く信頼を得たことがわかりました。ツーソンに比べ、Sportageでは、4輪独立ストラット式サスペンションは、運転席に至るすべての道路不完全性のように思えたもの中継、著しく強固ライドを示しました。乗り心地は容赦なかった - 任意の初期の切れ味を吸収ではなく、送信を受けるように見えた - しかし、具体的に、表面を伝えました。いわゆるスポーティな車のために、これは運転手に彼または彼女はタイヤをプッシュすることができますどのようにハードの正確な意味を与え、良い形質です。我々のSportageでの場合には、235 / 60R-16 BFグッドリッチトラクションT /としてはSpectra5のちょうど0.03内気、skidpadに0.75グラムのために押圧することができます。 skidpadにきしまない場合、Sportageでは0.75グラムが示されるよりも高い接着レベルを有するように見えました。サンタクルスの周りにワインディングロードでは、私たちのEXのテスト車両は、最小限のボディロールを表示し、ぴったりの弧を通じてフラットな感触を維持しました。ステアリングは正確かつ線形なく感触で麻痺したところ、70 0 MPHから印象的な172フィートの停止距離を送達する、後者のサスペンションとブレーキによって提供される全体的な接続されたセンスをオフセット制御のみでした。

乗り心地とハンドリングがSportageでのスポーティな感触を付与するのに対し、パワートレインはしませんでした。 2.7リッターV-6から173馬力とトルクの178ポンドフィートのための良いは - 我々のテスト車の3740ポンドで過負荷、一般的に低迷感じました。比較的、我々は2001年3月にテストした四輪駆動V-6エスケープはまだ200馬力を詰め、3491ポンドで、実質的に少ない秤量しました。 Sportageでは10.2秒で、ちょうど毎時79マイルで17.6ティックで四半期マイル、エスケープによって投稿数字の背後に約2秒の元、4 160馬力とCR-Vはもちろんのことを通じて毎時60マイルに0からrambled -シリンダー。ない助け事項は、回転範囲の最上部付近thrashy聞こえる傾向にあったエンジン、のではなく未精製性質上、および4速オートマチックの頑固な行動でした。スロットルをピン、および歯車はスラグの速攻にシフトするには、下のギアにキックダウンは、ドライバーがシフトでグレアと言うするのに十分な時間を食いつぶします "行こう!" シフトアップは、同じペース程度で蒸散し、シフトダウンのように、彼らはシームレス未満で発生しました。銀の裏地がある場合、それはこのように低迷のいくつかを軽減、運転者がシフトポイントを決定することができmanumatic機能、です。

KIASはどんな賞を受賞していないだろう、単純なプラスチック、フィット感と仕上げのインテリアを基準以下乗客を処置するために使用される、およびノイズレベルすぎて泥の中に約いじくる大型ディーゼルピックアップのものとは削除されません。我々は、これはもはやケースです言わないためにここにいます。ベーカーズフィールドを通じて高速道路を下りクルージングすることは、風や道路から発せられるnaryのノイズと静けさの練習でした。材料 - ダッシュを覆っても、硬質プラスチックは - を感じていない場合、それはボトムラインの価格を偽り、プレミアム外観を持っています。そこでも贅沢な手がかりはある(、現代を付けろ!)、このようなグローブボックスとサングラスホルダードアに減衰動きとして。人間工学は、使いやすいコントロールと簡単なダッシュレイアウトのおかげで優れています。

私たちは席を伴う苦情を持っています。天使の街にベイで市内から私たちの7時間のドライブは、フロントシートフラットクッションとランバーサポートの欠如のために、より多くの10のように感じました。 Numbの後端と疲労バックは副作用ました。さらに悪い作ることは滑らかな革だった - 安全な位置を維持することが困難でした。私たちは、より多くの支援、バケツのような席に投票したいです。そして、我々は拡張ドライブオーバー60 /バック40-分割席の快適性についてコメントすることはできませんが、我々は後部が前の座席の下に立派な頭部と足元のレベルだけでなく、足の十分なスペースを提供していますと言うことができます。

貨物エリアにローディングギヤはリフトゲートまたは別々に開くバックウィンドウを介して行うことができます。貴重品を隠すための便利ですオプションのアンダーフロア収納トレイがあるような二重の開口部は、便利な機能です。

そのようなことを予測する人は、2009年までに小型SUVセグメントは170万台、昨年販売120万台から38%の増加を占めるだろうと推定しています。 (確かに、起亜は初期品質で64%の改善を示したプラスその10年/ 100,000マイルのパワートレイン保証と大幅に改善品質 - Sportageでは、いくつかの小さなスポーツの健全な用量で来るスポーツUTESの一つであるので、過去5年間、)JDパワーによると - 韓国の "スポーツ" ブランドはほとんど困難今年予想45,000台を移動する必要があります。それは間違いなく価値、品質、そしてBMW X5のヒントをお探しの方に食欲をそそるなりパイと1のささやかな一枚です。

アンドラ?? O / OO IDZIKOWSKI
2年間の不在の後Sportageではバックですが、誰もが、それは消えていた気付いたのですか?市場のこのセグメントは、すべての主要なメーカーの製品が詰め込まれて、彼らを見分けることは困難になっています。起亜Sportageでは、外部のスタイリングまたはそのエンジンの提供から、いくつかの余分な筋肉とボンネットの下に大胆な声明を作るために必要。スタイリングは、それをそのオフロード外観を与えるために通常の膨らみホイールアーチで、きれいですが、そうでない場合、それは大きな群衆の中にちょうど別の顔です。オプションのV-6からもう少し力も役立つだろう。 173馬力は正確に道をSportageでの3740ポンドのバルクをハッスルしません。

トニー・スワン
平凡なものの、'05 Sportageでは、すべての悪いことではなく、任意の否定的な反応を、誘発しません。 、ルックス部門のまともなパワー部門の十分な、とバーゲン価格で機能を搭載、式はビートに厳しいです。起亜も親会社ヒュンダイどちらも何の多くを発明するが、彼らは無視して、彼らがハードにするために十分で競合他社をアンダーカット魅力的な、信頼性の高い車両で新しいものを同化するのが得意です。すべてのものが等しい場合、私は一も二もなくてSportageでオーバーホンダCR-Vを取ると思います。しかし、$ 2000ツー$ 3000の価格優位性と、Sportageでは、突然、多くの魅力的になります。

トム・コスグローブ
Sportageでの復帰は、自動車の気候を変更しない場合があります。それが離れて行ったときに実際には、いくつかは、温度変化に気づいていない可能性があります。その他には、その戻りに気付かない可能性があります。それはあなたがトラブル警察のラインナップからそれを摘みを持っているかもしれないとその少し大きめのソレントの兄弟はあまり似ています。 Sportageでは、非常にきれいな悪いデザインではなく、同様の寸法、スタイリング、そして相対価格とKiaの有する二つのスポーツUTESは理にかなっていますか?ホンダは、さまざまな味にアピール関連する仕様が、根本的に異なるスタイルを持つエントリレベルのUTESのペアを持っています。スポーツユーティリティセグメントは年々ヒートアップして、起亜自動車が新しいデザインでボックスの外側をもう少し考えている必要がありそうです。

Like this post? Please share to your friends: