2018年ビュイックラクロスハイブリッドはMPGsを発生させ価格を下げる:eAssistを返します。

新しいレッドクォーツTintcoatで2018ビュイックラクロス。

ビュイックは、前世代のラクロスのように2018のためのバックラクロスラインナップにマイルドハイブリッドをもたらして、システムがeAssistと呼ばれ、大きなビュイックセダンのベースパワートレインであろう。そのため、2018年ラクロスのベース価格は$ 2500で低下し、そのEPAの燃費は現行のV-6モデルに比べ約4のmpgによって上昇します。また、2018年のための新しい昨年の8スピードを置き換え、V-6ラクロス用9速オートマチックトランスミッションで、全輪駆動の広い利用可能。

ラクロスのマイルドハイブリッドセットアップは、0.45キロワット時のリチウムイオン電池パックからの電力をソース小さな電動モータを2.5リットルの4気筒を組み合わせ。総出力は大幅にダウンV-6の310馬力から194馬力とトルクの187ポンドフィートですが、GMは燃費がより4のmpgより良い(25 mpg都市、35 mpgハイウェー、および29のmpgに上昇すると予測しフロントドライブV-6一律)。前のGMマイルドハイブリッドのように、電動モータが独自に車に電力を供給する小さすぎるが、加速の下に余分なトルクを提供し、停止時にエンジンを遮断し、スタート/ストップシステムを滑らかに役立ちます。また、回生ブレーキが含まれており、6速オートマチックトランスミッションは、唯一の伝送の選択肢です。

2.5リッターeAssistパワートレインは、全輪駆動を装備したもの以外のラクロスのすべてのバージョン、に今標準です。すなわち、3.6リットルV型6気筒エンジンを意味し、自動新しい九速度が好ましく、エッセンスでオプションとなり、ベースラクロスのみeAssistするがプレミアムは、レベルトリム。トップのみプレミアムトリムレベルで以前に利用できる全輪駆動は、今もV-6を搭載したエッセンスで提供されます。

  • テストした:2017ビュイックラクロスAWD
  • GMはインパラからeAssistを削除します
  • ビュイックラクロス研究:レビュー、仕様、およびその他の

三つの新しい外の色、サテンスチールメタリック、ダークスレートメタリック、そして新しいモデル年のためのビュイック最大のセダンへの変更アウトレッドクォーツTricoatラウンド。それは$ 30490の開始価格と秋に売り出されます。

2018_Buick_LaCrosse_AWD_REEL

Like this post? Please share to your friends: