ヤマハスポーツライドコンセプト:オートバイの魂を持つスポーツカー

ヤマハ・スポーツ・ライドコンセプト-PLACEMENT
ヤマハは、明らかに二輪モビリティの世界ではその成果のためのよく知られているが、任意の成功の会社のように、それは、その視野を拡大することを目指しています。ヤマハの東京ショーの施設の中で、この一の証拠はMotobot、ロボットライダーヤマハRました&Dは、およそ毎時125マイルまでの速度でオートバイを操縦するために開発しています。もう一つは、はるかに近い-おそらく-に実際の生産、自動車の世界にこの進出、てきぱきわずか2席のスポーツカーです。これは、ヤマハ初のストリートカーのコンセプトではありません。同社は、2013年の東京ショーで、小型の2席の通勤、MOTIVを表示しました。しかし、それははるかに魅力的 - とはるかに高度です。

サリー州、イギリスのゴードンマレーデザインによって開発された、フロントエンジン、後輪駆動シャーシはカーボンファイバーで構成されています。 GMDは「日常の運転手の届く範囲にフォーミュラ1つの材料と技術をもたらし、最初の手頃な価格の高容量炭素繊維シャーシ構造。」として、それを特徴づけます

ヤマハ・スポーツ・ライド・コンセプト-INLINE-1

スポーツライドが実際に日常ドライバーに利用可能になるだろうかかどうかさえするとヤマハは、ショーでのアドレッシングを控え質問です。ヤマハは、適切な可能性があり強力なオートバイエンジンの不足を持っていないものの、NORパワートレインの一切の言及がありました。しかし、いくつかの仕様がありました。スポーツライドは長い153.5インチ、67.7インチワイド、および46.1インチの新しいマツダMX-5ミアータのものと非常に類似している高次元です。

  • 2015年の東京モーターショーフルカバレッジ
  • トヨタS-FRコンセプト:小、フロントエンジン・リヤドライブ?お申し込み
  • マツダRX-ビジョンコンセプト:地獄のようパワード・ロータリーとホット

ヤマハの東京広報資料は、これでスポーツライドの章を結論:「私たちは、あなたがハンドルを握ることができます日を楽しみにして願っています。」まあ、我々は準備が整いました。それを持参してください。

ヤマハ・スポーツ・ライドコンセプト-REEL

2015年の東京モーターショーフルカバレッジ

Like this post? Please share to your friends: