トヨタS-FRコンセプト:小、フロントエンジン・リヤドライブ?お申し込み

トヨタS-FRコンセプト:小、フロントエンジン・リヤドライブ?お申し込み

小型、フロントエンジン・リヤドライブの略S-FRの概念は、2015年東京オートショーでデビューのトヨタのラインナップをされるまでの見出し。同社の業績のイメージを強化を目的とした、2プラス2のスポーツカーは、コンパクトな構成を誇っています。トヨタは生産のために向かっているエントリレベルのスポーツクーペ-1として、それを特徴づけます。

トヨタS-FRコンセプト:小、フロントエンジン・リヤドライブ?お申し込み

トヨタはまだ車ののmechanicalsの詳細を共有していないが、我々はそれは1.5リッターを搭載しています自然に約130馬力を作り、4気筒を吸引することをいい権限にそれを持って、これは2160ポンドのクーペをやる気にさせるに十分であるべき。

97.6インチのホイールベースはトヨタの現在のコンパクトな後輪駆動スポーツクーペ、サイオンFR-S(101.2インチ)、およびマツダロードスター(90.9インチ)の間のほぼ中間にS-FRを置きます。そのため、あまりにも、FR-Sよりも10インチ短く、マツダより3インチ長い157インチの概念の全体の長さを、行います。 66.7インチワイドでは、トヨタは両方のクルマよりも狭く、そしてそれは52インチで、また背が高いです。

S-FRは明らかに角度板金のクレイジーキルトている最近のトヨタ車、とは対照的に立って、シンプルで丸みを帯びたデザインで、1960年代からトヨタスポーツ800からそのインスピレーションを取ります。黒の内部は同様に有機的な形があり、ネオンイエロー、体色のアクセントと明るくなります。

トヨタS-FRコンセプト:小、フロントエンジン・リヤドライブ?お申し込み

  • 2015年の東京モーターショーフルカバレッジ
  • 2016年のために再びサイオンFR-Sのアップデートを:FR-Sであなたは成功しない場合
  • サイオンFR-S研究:フル価格、仕様、写真、レビューなど

S-FR実際に直接その上FR-Sが含まれる三つ又のスポーツ・カーのラインナップとその上に新しいトヨタとBMW-共同開発スープラの後継者の下端です。 S-FRは、売上高は早期に始まる2017 - ここでこれらの売上高は、同様に、アメリカの海岸に拡張することを望んだと、後半に2016年に生産に入ることが予想されます。

トヨタS-FRコンセプト:小、フロントエンジン・リヤドライブ?お申し込み
2015年の東京モーターショーフルカバレッジ

Like this post? Please share to your friends: